P-LABの特色

伴走型支援

多様な悩みに対応するべく、決められた支援メニューの中で支援するのではなく、当事者の置かれている環境や特性に応じて独自の支援を展開します。
地域資源の発掘から連携まで、当事者の次の一歩のための最善を追求していきます。

オーダーメイド支援

家庭環境や人間関係など様々な要因により困難を抱える子ども・若者の伴走型支援を行っています。
個々の状況に応じて適切な関係機関と連携したサポートを行い、中長期的視点で‘‘繋がり続けること‘‘で制度の狭間に落とさないことが最大の強みです。

オンライン支援

オンライン支援は、ゲームの世界に閉じこもっている若者と繋がるための初期支援として設置しています。相談のハードルを下げる効果があり、自立への階段をゆるやかにすることができます。
オンラインゲーム(主にマインクラフト)を用いた支援では、相談者と当事者、また当事者同士の信頼関係の構築が可能であり、現実の支援に繋げやすくなる効果もあります。

居場所支援

当事者の「〇〇がしたい」「〇〇にチャレンジしてみたい」というそれぞれの要望の応じて居場所の設置をしています。
居場所支援では、当事者が長所や活躍を実感することができ、安心して失敗できる環境を目指しています。
また、当事者同士が共通の好きなことが繋がることができるのも良さの1つだと思います。